2005年07月31日

『凛(仮)  大井町』 塩らーめん (2005/07/27)

おおざっぱに言うと大井町のヨーカドー裏の方。
一度閉店をしていたけど再起。大崎のを太麺主体にしてこちらは細麺主体でやっていくようだ。
今のところはまだ店名も決まってないらしく真っ赤な屋根が目印。一見さんはかなり入りづらい空気出しまくってますなあ。注文は聞かれるのを待つように、お釣りがないように、って壁に書いてありました。
そして、らーめんの作り方がもろさぶちゃんですなー。客の目の前にドンブリ置いて作っていくこのシステム、わくわくしまくる。
塩らーめんを注文。
image/pompomplin-2005-07-31T11:26:07-1.jpg
うは、うめぇ〜〜〜!
生姜がこれでもかってくらいキいたスープは、これまた店主がさぶちゃんでの修行経験を持つという紛れもない証し。
スッキリシンプルな塩味なのに妙な安心感に包まれるようなこの味わい。
俺がラーメンを食べ歩いてきたのはこのラーメンに出会うためだったんじゃないか!って大袈裟なこと言いたくなる美味さ!大好きだーー!
極細なのにしっかり屈強な歯触りの麺がこのスープに泳ぐとまた絶妙。この麺をススりあげた時には幸福感絶頂。
あとメンマが異常にうまかった!かなりな大ぶりでシコシコしてて味が絶品。チャーシューはロースかな、やや固めだけど味はよい。
このラーメン、完全に惚れた。思い出しただけでヨダレ出そうなくらいにな
汁:★★★★★ 
麺:★★★★★ 
具:★★★☆ 

計:★★★★★ 

posted by いかれたBaby at 11:26| 東京 🌁| Comment(8) | TrackBack(6) | 品川区のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

『大勝軒  神田』 元祖もりとろ (2005/07/13)

神田駅東口から大通りを渡ってコージーコーナーの裏の方、なんだかごちゃごちゃしてる町だから説明しづらい。
明らかにチェーン色濃厚な店構えで新宿大勝軒とは雰囲気が違うな、大勝軒っておもいっきりチェーン展開始め出したのかな?牛丼屋みたいになってるよ。
もろに昼時に行ったらサラリーマンやOLでかなりの行列が出来ていた、どうも回転がひどく悪いようだ。高校生ぽいかなーり若い従業員で構成されていたからそれも原因かも。
元祖もりとろを注文。
『大勝軒  神田』 元祖もりとろ (2005/07/13)
大勝軒の核とも言うべき麺はやや柔らかめ。つけ麺で食べるにはこの柔らかさはユルイと感じてしまうからもっと引き締まった茹で加減にして欲しいなあ。
麺のボリュームは申し分なし、たっぷりと胃を満足させることができる。
つけ汁にはトロロがたっぷりと投入されていて、これがまた粘りの強くて味も質もよい素敵なトロロ。
しかしそれが仇となって、トロロの粘りが汁を見事に絡め取って最後の方はつけ汁がなくなってしまうと言う切なさ。スープ割りとかできるメニューじゃないなあ。しかも、もりとろだとつけ汁の味が醤油一本て感じで酸味とか辛味とかなかった気がする。ちゃんと大勝軒を味わいたいならこのメニューはお勧めできないな
汁:★★☆ 
麺:★★★ 
具:★★★ 

計:★★☆ 
posted by いかれたBaby at 17:53| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(3) | 千代田区のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

『支那そば八雲  中目黒』つけそばエビワンタン付 (2005/07/23)

中目黒駅から目黒銀座商店街をぽくぽくと歩いていくとある。
この商店街はいつきてもごちゃごちゃしてなくて閑静で上品な空気感ですなあ、この八雲も外観からそんな商店街のイメージ通りの容姿をしてらっしゃる、名のある小料理屋のようでなかなか素敵です。
7月25日からこの場所を離れて池尻の方の山手通り沿いに移転になったらしい、しかも夜は焼鳥屋というびっくり新展開だそうだ。
というわけで今回中目黒店いけたのはホンとギリギリだったわけである。
つけそばエビワンタン付を注文。
『支那そば八雲  中目黒』つけそばエビワンタン付 (2005/07/23)
ものすごくスッキリアッサリな透明感の強い味わい。
味が薄いというわけではない、むしろ醤油味は強すぎず弱すぎず鶏ダシの油分は前に出すぎずふわりと煮干の香りが漂うまで絶妙のバランス感をまとめてるよう。
シンプルな味わいなのに何でこんなに美味いのか俺にはよくわからん。つけめんの汁は塩気が強いぐらいの方が好きだったけど、これを食うとそういうレベルの問題じゃないと気づいた。
極細の麺は細いくせにしっかりしたコシを持っていてシコシコした食感がたまらなく美味い。
そして何よりも特筆すべしは具ですな。
大人気のエビワンタンはプリプリとしていて口の中で踊るようだ。こんなにプリプリできるのかってくらいプリプリしてて美味すぎました、もうびっくりですは。
チャーシューはモモ肉で、無駄な脂分がなくてサクッとした柔らかさとしっかりとした味わいでこれもうまい。
同じたんたん亭系のかづ屋も大好き。そしてさらにこの店も自分の個人的好みにバッチリはまりまくり、でももっと大盛りで食いたかったかも。
焼鳥屋はじめてもこの味は守って下さい、お願いします。
汁:★★★☆ 
麺:★★★★ 
具:★★★★★ 

計:★★★★★ 
posted by いかれたBaby at 17:20| 東京 ☀| Comment(11) | TrackBack(2) | 目黒区のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

『らーめんむつみ屋  東京』 味噌らーめん (2005/06/16)

東京八重洲口にあるラーメン激戦区。
たいそうな名前ついてるわりに地下街のぱっとしない薄暗さを感じさせてくれるラーメンコンプレックスだけど客は集まってるんだろうか…
そんなところへフラフラと侵入して無難なむつみ屋を選ぶ。
味噌らーめんを注文。
image/pompomplin-2005-07-26T15:33:31-1.jpg
きょうは初めて赤味噌にあたった。
イメージ通り、白味噌よりも塩気と苦味が強い。大きな差があるわけじゃないけど白味噌の方がうまかった気がする、丸みがある感じとかが。
しかしこの店は具に全く気合いをいれんよな、肉へなちょこだしメンマとか薬臭いしひどい有り様だ…かつては名店だったラーメンには見えませんなあ。それとも昔からこんなもんだったんかな
汁:★★★ 
麺:★★★ 
具:★☆ 

計:★★☆ 
posted by いかれたBaby at 15:33| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 千代田区のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

『ラーメン二郎  三田』 小ラーメン (2005/07/07)

ラーメン二郎の本店である
各地でこの狂ったラーメンに中毒になっていく人間が続出しているわけだが、そんな奴らにとってこの三田本店は聖地。
それに対して二郎経験値は新橋と歌舞伎町とのみの俺。ハードルはたかーい
とは言えとにかく、職場が三田になったのにスルーしてらんないから侵入するの巻。
小ラーメンを注文。
image/pompomplin-2005-07-25T10:24:06-1.jpg
驚愕のボリューム…いろいろはみ出しすぎてますぜ
野菜はしんなりした感じのキャベツが多くのる、まるで蓋をするようにどっさりだ
スープはかなーりうまい!油がどっぷりなんだけどコッテリてな嫌な油分には感じなかったなあ、怪奇な豚臭さとかもまったくないし。
食べ進むうちに牙を剥いてくる異常な塩辛さはアレだけど、この味はハマる!そんなうまさだった。なるほどなあ
そしてそしてさらに豚がウマすぎ!分厚いくせに箸が通るほどの柔らかさ、ギュッと引き締まった肉のうま味。いい仕事してらっしゃる
でもね麺が多すぎ…しっかりとした噛みごたえあるウマイ麺なんだけどヘビー過ぎ…
なかなか減らないドンブリ内を見てたら美味さを忘れてただの戦いになってしまってるという不思議な空気感。意識が遠のきながら意地で完食したけど泣きそうだったなり…
少なめで頼めばいいのかなあ、うまくても弱気になってリピートできんなあ…
汁:★★★★☆ 
麺:★★★★☆ 
具:★★★★☆ 

計:★★★★☆ 

posted by いかれたBaby at 10:24| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(5) | 港区のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

『亜寿加  渋谷』 担々めん (2005/07/05)

渋谷駅南口の歩道橋を渡ってJTBの横にある。
坦々めんが売りの老舗で、場所も場所だけに常連客も山ほどいるようです、特にランチタイムはすごく混むことだろう。どことなく風格のあるオープンキッチンのカウンターは清潔感がある。店員の私語が異常に多いんだけど店員はアジア系外国人ばっかりだから何言ってんのかわからんくてまるで呪文が飛び交っているようだ。
坦々めんを注文。
『亜寿加  渋谷』 タンタン麺 (2005/07/05)
辛さはほとんどないくて刺激の少ない味だなあ、ゴマの風味は良く出ていて甘さの方が立ってる感じもしないでもない、かなりマイルド。でも醤油味が強くて塩気が強めな気がする。
味のニュアンスははしごに似ているかな、けど味の深みとかがこっちの方に足りない。
麺は太めの縮れ麺でこれは結構ウマイ。はしごで極細麺に慣れていたもんだからこれには割りとインパクトをうけた。
具はシャキシャキとした食感が素敵なチンゲン菜が2本。とチャーシュー。ふむ。
坦々めん好きならこの店も好きに違いない。でも味の濃度が薄めの優しいあっさり系坦々めんですよ。
汁:★★★☆ 
麺:★★★☆ 
具:★★★ 

計:★★★ 
posted by いかれたBaby at 19:53| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(3) | 渋谷区のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

『天下一品  神田』ラーメンこってり (2005/06/23)

JR神田駅西口から雑然とした汚い道を歩いていくとある。
天下一品と言えば京都を代表する人気ラーメン店で、最近では全国のチェーン化も急速に拡大しまくってるラーメン企業である。
単純な固定観念で天下一品はチェーン化しすぎてるから美味しいわけがないと勝手に決めてずーっと敬遠してきたわけなんですが、試してみないとわからんわけで、今回初挑戦。
ラーメンをこってりで注文。
『天下一品  神田』ラーメンこってり (2005/06/23)
なんなんだこのスープは…。
ドロドロして粘着しまくり。麺を持ち上げようとしてもスープのドロドロが引っかかってうまくすすれないほどドロドロ…。
面白いスープなんだけど、そんなスープが異常にぬるいから異常に不味い。しかもその中で泳ぐ麺がゆるゆる。多分、この神田店の質が悪いんだと思うんだがね…。
こんなひどいラーメンが出てくるからチェーンは嫌いなんだよね。居酒屋状態になってるからどう見てもラーメンより酒の方を一生懸命作ってるもんなあ…頑張ってくれよ神田店。
ていうか完璧な状態で作ってもらってもこのドロドロスープはちょっと俺には厳しいかなあ。コッテリって言うかモッタリしてて舌触りがよろしくない。他にも具の貧相さが笑えるし…。
何だかケナシまくってしまったが、定食メニューとかは値段の割りにボリュームあってなかなかちょいと素敵なのかもな。
汁:★ 
麺:★ 
具:★ 

計:☆ 
posted by いかれたBaby at 12:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(4) | 千代田区のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

『きむら家  戸越銀座』 現代版U行列の黒 (2005/06/18)

『@家』と書いて『きむらや』と読むらしい、どういう意味なのか知りたいものだ。
最寄り駅は戸越銀座。中原街道沿いで星薬科大学の入口の反対側にある。小さい店だけど看板に『@家』と大きく書いてあるからけっこう目立つ。
味のある木の内装とか木炭で浄水している大きなガラス瓶とかなかなか雰囲気作りも素敵なお店である。
悩んだけど春季限定だった現代版Uを注文。
(※食べたのは6/18です…記事にするのおそすぎ…もうメニューにないはず)
『きむら家  戸越銀座』現代版U (2005/06/18)
ベースはモロ家系って感じのこってりスープ、家系の中でもこれほどしっかりと丁寧なコクが味わえる店はそうないのでは。
そのスープだけでも相当なおいしさだろうけど、現代版Uにはさらにマー油がたっぷりと表面を覆いつくすほどのる、だからまっ黒。
メニューに書いてあった店主のコメントによると品川で大行列を量産しているなんつっ亭を目指して作ってみたそうだ。だから別名「行列の黒」。
しかし、こんなに濃厚なマー油は初めて食べたなあ。もう焦げた香ばしさとかニンニク風味とか油の重量感とかとにかく全てが濃い。コッテリが苦手な人は食えんだろうな、でもコッテリ好きな人にはこれほど最高なラーメンはないはずだ。
具は普通に家系ぽいのだけど、チャーシューが激烈にうまい!分厚い巻バラが七輪ぽいので炙り焼きされてのっかるのです。これだけでも食いに来たいと思わされる。
個人的に現代版Uの方がなんつっ亭より好きですよ、かなりうまい。でも当分アッサリした物が食いたくはなったなあ…重すぎると言えば重すぎるラーメンだった…てことで、引き分けとしとこうか。
汁:★★★★☆ 
麺:★★★★ 
具:★★★★ 

計:★★★★★ 
posted by いかれたBaby at 15:15| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(1) | 品川区のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

『がんこ元五代目  三田』スペシャル (2005/06/10)

三田の慶応通り商店街の端っこ、相変わらず無愛想に牛骨をぶら下げてる黒ずくめのラーメン屋。
さいきん職場が三田に変わったんだけど、なかなか手軽でうまいラーメンがない…そんな町で一番のお気に入りがこの店。
スペシャルを注文。
image/pompomplin-2005-07-17T19:57:26-1.jpg
具がどっさりだよ、でも安い。
がんこ的チャーシュー3枚と海苔がこれでもかとたくさん、ピータンみたいな黒さまで味がついた玉子半個が2個にメンマとネギ。昼飯に食うには丁度よくうれしいボリュームかも。
この日のスープは異常にぬるかった。そしてやはり異常にショッパイ。
なんか慣れてきたらこのショッパさに病みつきになってきそう、好きだー
でも総合的にうまいかって言うと普通
汁:★★★ 
麺:★★★ 
具:★★★ 

計:★★★ 
posted by いかれたBaby at 19:57| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 港区のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

『くじら軒  新宿』支那そば (2005/05/27)

新宿MYCITYのレストラン街にある。場所がかなり好立地なだけに行列必至である。
センター北に本店を持つ名店から都内進出したときに比べれば行列は少なくなってるだろうけど、人気の大きさは激戦区新宿にしてトップクラスだろう。
支那そばを注文。
image/pompomplin-2005-07-14T17:54:47-1.jpg
優しい味わいを予想していたけど輪郭がはっきりして力強いあっさり味だな。
そう感じさせるのは揚げニンニクぽい香ばしい風味がかなり全体を覆ってたから。その奥に魚介風味があるからただのアッサリ感とは違ううまさがある。
こういう味のコンセプトは塩光麺とかMIRACの塩に似てるような。きっとくじら軒が先駆者なんだろう。
でもこっちは具とか全体的にインパクトがなさすぎて迫力がない気がする。こんなもんかと感じられてしまうのは否めない、実際自分もそう感じてしまった。
汁:★★★★ 
麺:★★★ 
具:★★★ 

計:★★★☆ 

posted by いかれたBaby at 17:54| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | 新宿区のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

『影丸  田町』塩らーめん (2005/05/19)

田町の芝浦方面駅前、飲み屋とか蕎麦屋とかあるちょいとした商店街に梟とかげんこつ屋とか今昔堂とかラーメン屋が並んでる。
23時ぐらいの会社帰りにすいてた影丸に侵入。
塩らーめんを注文。
image/pompomplin-2005-07-13T14:05:29-1.jpg
個人的な店のイメージが「安っぽい」て先入観を持っちまってるせいで、なんか駅蕎麦みたいなもんだなと思った。
難しい味がないスッキリと食べやすいスープ。塩気も強すぎず、飽きない味かも。
あまりにも普通だからコメントしずらいなあ…
そういえばこの店の餃子はすごく安くてうれしいんだけどまずいよ。でも頼んでしまうんだな
汁:★★★ 
麺:★★★ 
具:★★ 

計:★★☆ 

posted by いかれたBaby at 14:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 港区のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

『麺者服部  水道橋』じゅーしーめん (2005/07/12)

水道橋駅と神保町の間あたり、白山通りの大学密集地帯からちょいと入ったところだから昼間とかは人が山ほどいるあたり。
店名は忍者服部っていうのを文字ったらしい微妙なセンスな店だけど、店内は和洋折衷なお洒落な内装で好感度大。コの字形のカウンターは低めで牛丼屋的な広く見渡せる感じなのも食べやすい。
店員さんは女性だったけどかなり気持ちがいい丁寧な接客です。女性客が多いのもそんな居心地の良い雰囲気作りがしっかりできてるっていうのがあるのだろうなあ
メニューだとつけ麺がウリっぽかったけど、じゅーしーめんを注文。
『麺者 服部  水道橋』じゅーしーめん (2005/07/12)
写真だとわかりにくいけど、赤い。
ラー油的なのが表面にたっぷりと入っていてこれがつまりジューシー油なのだろう。見た目かなり辛そうなんだけどそんなに辛くなくんだけどホットでスパイシー。
焦がしニンニクの香ばしさが良い感じ、ちょいとトマトぽいような味がしたような気もする。
その油の奥からは魚介系の香りがふわりとして丸い味わいがある、ジューシーにしないで正統派な動物魚介スープとして味わえばもっと美味いのでは?と思われました…。
麺は舌触りつるっつるの太麺で食べ応えある。つけめんにより一層合いそう。
具は柔らかシンプルメンマと柔らか肩ロースチャーシュー。葱とか入ってないから寂しさはちとある。
会社とか学校が近くにあればちょくちょく食べたくなるラーメンだと思う。ていうかこの辺ってラーメン屋に限らず色んな飲食店が多くてうらやましいなあ
汁:★★★☆ 
麺:★★★★ 
具:★★★ 

計:★★★☆ 
posted by いかれたBaby at 17:27| 東京 ☔| Comment(5) | TrackBack(3) | 千代田区のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

『中華蕎麦ぷかぷか  中目黒』塩らーめん (2005/06/24)"

中目黒駅改札から山手通りを目黒方面に行ってGTプラザ横あたり。
商店街の入口あたりにあるけど、まっすぐ歩いていけば八雲がある。
この店は渡なべ蔵六などを手がける渡辺樹庵がプロデュース。そのイメージ通りにセンスのよい色調や食器類で雰囲気も落ち着いている。
食券機の左端は塩ラーメンだったから塩ラーメンを注文。
『ぷかぷか  中目黒』塩らーめん (2005/06/24)
鶏中心でとられたスープは嫌味がなくてマイルド。
他の渡なべ系は個人的に重すぎるコッテリさだったけどこれはまるで違う、そして魚介出汁もほどほどでクドさがない。バランス感覚がすぐれたスープですごく飲みやすいですなあ
焦がしネギ・ニンニクが浮いていて香ばしさが味の奥行きを一層引き立てていてにくい。くじら軒をちょいとコッテリさせた感じに似たニュアンス。
麺は細めのストレート、ややゆるめに感じたけどスープによく合ってうまい。
メンマは渡辺系らしく大ぶりでインパクトがあるもの。歯ごたえが小気味良くておいしい。
渡辺樹庵やるなあ、と否応なしに思わせる完璧に近いレベルの高さ。アッサリ好きな人もコッテリ好きな人もこのラーメンは好きなんじゃないだろうか、しょうゆ味もぜひ食べてみたい。
汁:★★★★☆ 
麺:★★★☆ 
具:★★★★ 

計:★★★★☆ 
posted by いかれたBaby at 12:57| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(3) | 目黒区のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

『中華そば すずらん  渋谷』野菜つけめん (2005/06/09)

人気のうなぎ昇りはとどまることを知らない、今一番勢いのあるって言っていい店である。
特に、目を疑う大きさの平打ち麺と金曜日限定の鶏白湯が大人気。場所は渋谷所裏。
この日はタヒチ80のライブを観た帰りで奴らのご機嫌な演奏に放心しつつハラペコ。こうなりゃすずらん食って幸せ気分満点になってやるーと思い訪問。
野菜つけめんを大盛で注文。
image/pompomplin-2005-07-08T21:22:32-1.jpg
つけ汁の中にサッと炒められた野菜がたっぷり。シャキシャキとしたモヤシとかうますぎる。
サッパリ系の醤油味のつけ汁に野菜のラードが溶けだして味わい深さが増してる気がする。素敵なマッチング。
アゴが疲れるほど腰がある太麺は相変わらずうまい!大盛にするとかなりなボリュームで満足感ありすぎ。
つけ汁のときは塩気が強いけど、スープ割りすると爽やかな煮干的魚介風味が味わえてうれしい。
やっぱりうまい!そういえばつけめん系しか食べたことないから今度ラーメン食わなければ
汁:★★★ 
麺:★★★★★ 
具:★★★★ 

計:★★★★ 
posted by いかれたBaby at 21:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 渋谷区のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

『ラーメン四天王  三田』醤油ラーメン (2005/06/29)

道頓堀のうまいラーメン屋だそうです。関西方面でチェーン展開してるようだけど人気があるのかどうかは知りません。
田町駅目の前15号沿い、6月末ぐらいに急にできたんだが2階の居酒屋と同グループで経営しているようである。とにかく看板が遠くからでもよく目立つ。
深夜営業もしている、タクシーがズラリと並んでいるこの辺じゃ客はそれなりに来るのは間違いないだろう、実際自分も深夜に行ったし。
醤油らーめんを注文。
『四天王  三田』醤油ラーメン (2005/06/29)
豚骨と鶏でとられたスープだそうだが万人受けしそうな白濁コッテリスープですな。この手のラーメンは田町にはないから新鮮味は多少あるかも、ただ一口目からとってもぬるいのが気になった…。
スープ表面にはマー油っぽいような香味油的なものが加えられていてとても香りよくおいしくしてる。これがなかったらかなり切ないラーメンだったろうなあ、ふぅ。
麺はスープと違ってかなり熱い。開店したばかりで不慣れなのか麺のコシは弱りまくりでした。
具のチェーシューは店の自慢らしいのだがやや臭みがあるし固めだし味も微妙でしたよ、もやしが入ってるのはなかなかよいのではないかと思うが全体的にチェーン色がよく出てました。
汁:★★★ 
麺:★★☆ 
具:★★ 

計:★★ 
posted by いかれたBaby at 08:28| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 港区のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

『麺えるびす  池袋』濁り塩 (2005/06/13)

池袋には西と南と2軒あるが今回は西口店に訪問。この店はなぜか行く機会が多くて今回で4回目。
3年ほど前は行列を作っている人気店だったけど今はすいていらした…。劇場通り側には蒙古タンメン中本池袋店があり、立教大学側には海神やごとうやちゃぶ屋がある。人気店に挟まれてドーナツ化現象ぽく客が遠のいていそうですね…。たぶん東口の方が人気ありそう。
西口限定だという、濁り塩を注文。
no-title
やや白濁した感じの背脂チャッチャ系である。
サラリとした飲み心地のスープは塩味がジンワリと染みるようでうまめ。脂の嫌なコッテリ感が全然ないアッサリしたスープだから本当に飲みやすい。よーく縮れた麺と鶏系魚介ダシとはすごく良く合う。
でも全体的に何だかひとつ物足りない…印象に残るようなラーメンとは言いがたいです。
この店って醤油とか味噌とかトッピングの種類とかメニューがすごい多い店だけど、それだけと言えばそれだけな気がするよなあ。
確か醤油ラーメンはすげーうまかったのを良く覚えている…3年ぐらい前だけど感動したんです。でもちょっと今回は残念な感想でした…こういう日もあるってことか
汁:★★★ 
麺:★★★ 
具:★★☆ 

計:★★★ 
posted by いかれたBaby at 11:33| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 豊島区のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

『せたが屋 雲  品川』塩らーめん (2005/05/29)

品川麺達七人衆―品達の入口から一番近い店、なんつっ亭の大人気には及ばないがこちらも繁盛しているようです。
環七の人気店せたが屋・ひるがおの店主がプロデュースする新味で、コンセプトはソースと言う品達内で一番斬新なラーメンを提供する店。
前回食べたときはあまりにも斬新すぎてまとまりきれてない味にガックリしたわけだが、人気が出ていることで味が修正されてそうだと思い再訪。
塩ラー麺を注文。
『せたが屋 雲  品川』塩らーめん (2005/05/29)
ゴワゴワした野菜ジュースぽさがなくなってクリーミーなポタージュぽい食感になってるなあ。
かなり胡椒的なスパイシーさがあってビリビリと舌にくる。そのせいか麺との相性がかなり良くなってる。そのスパイスの刺激の奥からトロリとしたシチュー的なまろやかなさがクワっとくる感じかな。かなり濃厚。
具がおいしい。バーベキュー的にコンガリ炙られた肉はジューシー。プリプリした食感がスープに合いまくりな海老もうまい。
なんかこの味ってカップヌードルSIOのような味ですよな。ジャンクフード好きがかなり好きそうな味だと思う。
個人的に思うのは、こういう味を重ね重ねしまくった結果生まれた味って結局安っぽい気がします。この味なら安価で提供されるようにしてくれれば俺も喜んでリピートするかも、そんなラーメンかもしんない。
と可愛くないこと言ってみといたけど、素直な感想はかなり美味しかったです。塩味がお勧め。面白い味だから是非食べてみてほしい。
汁:★★★★ 
麺:★★★ 
具:★★★★ 

計:★★★☆ 
posted by いかれたBaby at 15:17| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(4) | 品川区のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

『京都銀閣寺ますたにらーめん  三田』らーめん (2005/05/25)

最近の暑さでだらだらしてたらすっかり更新するのを忘れていた。
で、思い出したように5月に食ったラーメンを記事にする。そんなんが沢山たまっていてたいへん。

================
本題に戻り、ますたにらーめん。
JR田町駅・地下鉄三田駅から徒歩3分ほどで慶応大学のすぐ近くです。昼時はサラリーマンで賑わうそれなりの人気店のようだ。
日本橋とか御徒町にもある京都ラーメンの老舗に初挑戦。田町店の店内はカウンターよりもテーブル中心。それほど清潔感はないもののアットホームでほんわかした雰囲気はあって好きな感じだ。
らーめんを注文。
『京都銀閣ますたにらーめん  三田』らーめん (2005/05/25)
スープの濃さ・辛さ、麺の固さとか色々な注文ができるが全部普通にしてもらう。
ドロリとしてもったりとしたスープは見た目は背脂チャッチャ系でコッテリ、でも飲んでみると意外にサラリとして食べやすい、塩気は元から強めかな。
秘密があってスープが3重の層に分かれてるそうで、上の方が甘い感じがあって下の方は辛い!この下の方から辛いスープが出てくるのがなかなか素敵なアクセントで美味い。特に自分は全然混ざるような食べ方しなかったからこの唐辛子には驚かされた。
麺と具には特筆する点なし。ランチタイムだけだと思うけどサービスでライスがもらえた。あと、期間限定でラーメンの値段でチャーシューメンが食えるみたいな企画があった。でもチャーシューの味は普通。
汁:★★★☆ 
麺:★★★ 
具:★★ 

計:★★★☆ 
posted by いかれたBaby at 12:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 港区のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。