2005年09月25日

『武田流古式カレーライス支那そばインディアン  蓮沼』 支那そばと半カレー (2005/08/31)

東急池上線の蓮沼駅のすぐ駅前。大きく「古式流カレーライス支那そば」と書かれた看板がけっこう目立つ。
「当店より美味しいカレーがございましたらご一報下さい 勉強にまいります。」と書かれた最高級カレーライスがウリの店だけどラーメンも大人気。大抵の客はラーメンとカレーをセットで注文する。
現在の店主は2代目(?)らしく相当な年季をもった老舗であります。先代からの人気を保ったまま現在も第一線の名店でいる。浮き沈みの激しい飲食業界、特にラーメン界にとっては物凄いことですなあ。
支那そばと半カレーを注文。
no-title
まず支那そばが運ばれてくる。
見た目も味も限りなく透明!塩気がほとんどと言っていいほどなくて上品極まりない爽やかさ。魚介風味もさり気なく澄みきっている。ほぅ〜
味がないと言う人が多そうなスープだと思う。自分も最初は塩気の少なさにちょっとびっくりした。カップラーメンに液体スープ入れ忘れたみたいな感覚。でも素材の柔らかいウま味がわかった時にコレも美味いなと感じられる。何とも玄人好み。
ほどなくしてカレーが運ばれる。店主が出すタイミングを客のペースに合わせているよう。
このカレーが異常にウマ〜い!!!人生観が変わるカレーだ。
焦げに近いギリギリの苦味が深い、どこまでも深い味わい。ホンとにビターで濃厚。スパイシーな辛さはジンワリと嫌味なく刺激的でこれまた深い。
これと支那そばを交互に食うと、魔法がかかったかのよう。
支那そばのあの控えめな味が口中に染み込んで来るような勢いで流れ込んでくる。これにはびっくり!
風呂上りの後のビールみたいな、年末特番の後の行く年来る年みたいな、渋滞から裏道によけたら道がスイスイみたいな、苦味辛味のあとの清涼感。素晴らしいハーモニーだなあ
長い間ずっと常連を生んでは愛され続けてる店だってことがよくわかった、これは一度は食べるべきだねえ、必ずセットで、支那そばのみでの注文はお勧めしないなあ。
汁:★★★ 
麺:★★★ 
具:★★★★★ 

計:★★★★★ 


posted by いかれたBaby at 18:22| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(7) | 大田区のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。