2006年10月27日

『でびっと  中延』つけ麺 (2006/09/02)

またひさしぶりの更新になってしまった…。いかんいかん
最近はラーメン全然食べれてないです。忙しいわけじゃなくて主食が米になってきているせいだと思われます。いかんいかん

*

というわけで9月に食べたでびっと。
都営浅草線の中延駅のすぐ目の前。素朴な町の印象に合った地味で落ち着いた店構えかな。
芸能人であるデビット伊藤氏のであることは有名。今ではラーメン屋の方が本業なのだろうか。ていうか顔をすっかり忘れてしまっていて厨房に立っていたのが本人だったのかが定かではない。でもどっかで見たことあるような気はした。
この店、けっこう野心家のようで、浜松べんがら横丁とか札幌らーめん横丁などにも出店しているらしいですな。ふむ
つけ麺を注文。
060902_1455.jpg
かなり色あざやかですな。麺の上にたっぷりとネギがのりまくり。
これはネギ好きにはたまらんだろうけど、ネギが普通に好きくらいの人にとってはちとウルサいですなあ。薬味程度にとどめて欲しかった。
麺は喉越しの良くて縮れもいい感じの太麺。ここの麺けっこう美味くて好きだ。つけ麺としてはかなり好印象。
つけ汁は魚介風味とサッパリとした辛味と酸味の基本に忠実なスタンダードさのあるもの。ウマ味もしっかりあってしっかり満足できました。スープ割りしてもなかなかうまかったなり。
総評価的に特筆すべきものがあまりないんだけど美味かった感じ。
汁:★★★ 
麺:★★★★ 
具:★★★☆ 

計:★★★☆ 
posted by いかれたBaby at 14:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 品川区のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

『らあめん千ひろ  調布』 鯛骨スープ麺 (2006/09/13)

調布駅東口からちょこっと歩いたとこにある小さな繁華街「調布百店街」にある。外装は昔ながらのラーメン屋て感じ、内装は和風な趣で落ち着いた印象はほっこり。
名物の鯛骨スープ麺は1日限定20食。これを求めてやって来たわけではなくて多摩の方に用事があっただけなんだけど、たまたま夜営業開始時間ピタリに来れて運がよかった!
鯛骨スープ麺を注文。
060913_1821.jpg
平たくて鑑賞用みたいなキレイなドンブリ。
そこに入れられたラーメンもまたなんとも美しい!黄金に澄みわたったスープですよ。
そしてこのスープがかなり深い味わいである!鯛とかそういう淡白な魚介風味がふんわりと漂う和風味はアッサリとしていて嫌味のかけらもない上品さ。
こんだけアッサリしているのに奥深さが感じられるっていうことにアッパレ。この手のスープのラーメンの中で過去最高級の美味さだなあ。
具には白髪葱・カイワレ・生姜の細切り。とにかく生姜がこのスープに合いまくり!アッサリ感の中で適度なアクセントをキリリとキメてくれてる。カイワレはちと臭みがあって主張が強すぎるかなあと思ったり。
麺もこのスープに良く合う感じ。しなやかな細めで上品なスープを絡めとる縮れかた。特筆するほどではないが良い。
あくまで主役はスープにありといった感じで具とかは控えめな印象。それだけに好みによっては満足感がいかない人はいそうかなあ。それでもこれは異常な美味さでした。
汁:★★★★★ 
麺:★★★☆ 
具:★★☆ 

計:★★★★★ 
posted by いかれたBaby at 17:23| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 東京の西の方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

『ZUND-BAR  厚木』 塩らーめん (2006/09/09)

あの中村屋AFURIとは兄弟関係の店であります。そしてラーメン屋だけど山奥にある店。
七沢温泉付近なので日帰り温泉行ったついでかなんかで行かないとかなりの気合が必要。電車なら厚木からバスで30分というハードルの高さ。
なんでそんなとこに店開くのさ?と思うわけですが、理由は美味い水がある場所だからだそうで…ほほう。もはやその辺の考えからして他のラーメン屋とはレベルが違う気がするなあ
店の印象ももはやラーメン屋のイメージが欠片も存在しないスタイリッシュさ。間接照明がほのかに灯った薄暗い中に小粋なジャズなどかかりつつラーメンを食うと言うのか。ぬう
塩らーめんを注文。
060909_1811.jpg
見た目はほぼAFURIだけど味はけっこう印象違うなあ。AFURIの方がソフトでこっちはもっと味が深くて男らしいスープて感じがする。
とにかくキレイで奥深い味わいはさすがといった感じ。魚介も動物系もウマ味が無駄に出すぎずに上品ですよね。とりあえず上手なコメントはできないけど物凄く美味いスープでありました!
麺はAFURIのものと良く似ている細麺ですな。さほど好みの麺でもないんだけどスープと良く合ってる。
チャーシューはやはり炙ってあって香ばしさ抜群。味玉とメンマも抜かりなく美味い。とにかく細部までもがとことん丁寧。付け合せ的なほうれん草までが美味いと感じたわけであります。
この日は全然混雑してなくて並ばずに食べれたけど、普段は行列なんだろうかのう?わからんが次回またここまで来る機会があるかどうか…
汁:★★★★★ 
麺:★★★ 
具:★★★★ 

計:★★★★★ 
posted by いかれたBaby at 13:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県の方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

『ビッグラーメン  虎ノ門』札幌ラーメン塩 (2006/09/21)

虎ノ門の飲食店集合地の路地裏にある。
ランチタイムにしか行ってないけど、ボリューム食いたい男どもで行列ができている。てかこの辺の店は美味さに比例してるのか知らないけど昼時はどこも行列だがなー。でもこの店は名前のセンスのなさとか外見の汚さとかあってもいつも行列で大人気のよう。
札幌ラーメンを塩で注文。
060921_1239~02.jpg
野菜どっさりです。味はついていなくて野菜の質もイマイチかなあ…
ずばり特筆すべきは麺のうまさ!
ごわごわとした太麺で噛み心地も喉越しもなんだか美味い。感覚的にチャンポン麺のあれに近しい。
スープは意外にもかなり控えめな薄味。見た目からすると大雑把で適当な味だろうと予想したけど、なかなかにしっかりと美味い。
でも、ボリュームがあるのにこんな優しい塩味ってのはどうも食べ進むにつれて飽きがくるかなあ…。二郎がなんであんな暴力的な味がいけるのかが良くわかったり。

汁:★★☆ 
麺:★★★★ 
具:★★ 

計:★★★ 
posted by いかれたBaby at 22:20| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 港区のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

『らーめんほんぽ白虎  大森』 白虎ラーメン(三濃) (2006/09/03)

大森駅山王口の目の前にある商店街内、赤の派手な見栄えの店。チェーンなのかわからんが店構えとか見るととりあえず金持った店に見えますなあ。
メニューは1濃から5段階でコッテリしていって11濃まであって味のアレンジが変わっていくそうです。単位の「濃」はコクと読むらしい。ほう
あまりコッテリを食べたくもなかったので、3濃で注文。
20060903
一口目の印象は魚介風味。けっこう大味ですなあ。
なんか鶏白湯が得意の店だということだけど、魚粉の香りの強さのせいかイマイチ鶏のウマ味の方は弱いか。
あと油膜のように張った鶏油が脂っぽいコッテリさを強くもしてた。白湯っていうよりもコッテリした鶏スープと感じる。
魚介系が好きな人にはよいと思うけど、個人的には魚介の入らない1濃を食べてみたかったなあ。
麺は歯ごたえのある黄色い縮れ、味噌ラーメン系でよくある感じ。なんかこの麺のせいで余計にチェーン店臭がして安っぽい印象を感じてしまったりして。
具材には珍しいスパイシーなエリンギとオニオンスライスがのる。
脂がけっこう強いからオニオンスライスのサッパリ感てのは良いアイデアだと思う。葱も入ってるけどこっちの存在感けっこう強い。。
ただエリンギが微妙だな、油で調理されているのがこのスープ的にどうなのかと思うわけです。チャーシューは脂のトロリとした食感の巻バラでありました。
基本的にけっこううまい。味もいろいろ楽しめるし、まあまた来てもいいと思えたかな。
汁:★★★☆ 
麺:★★★ 
具:★★☆ 

計:★★★☆ 
posted by いかれたBaby at 11:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大田区のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

『らーめん元楽  虎ノ門』つけめん+豚めし (2006/08/25)

西新橋の路地裏の裏路地みたいな目立たない場所にある。元ラーメン・楽ラーメンというメニュー構成から支店だということはわかるけど、本家の元楽と違ってここはスープの甘味がかなりひかえめ。
そんなひと味違う元楽の夏季限定
つけ麺+豚めしを注文。
060825_1219~02.jpg
スープというよりはタレ。タレというよりはドレッシング?て感じのつけダレで酸味がかなり強烈。麺に直接かけて食べれば冷やし中華になりそう…。微妙だなあ
麺はどうやらラーメンの麺とは違うのかな?けっこうな弾力性のある美味い中太。
これ、得意の豚骨魚介でつけダレ作ってくれればそれなりの出来になるんじゃないのかなあ…もったいない
しかもスープ割も全くの和のみ。豚骨を出さずに最後までサッパリがコンセプトだったんだろか…満足いかんなあ
豚めしはやはり劇ウマだったです。
汁:★ 
麺:★★★☆ 
具:★★★ 

計:★★ 
posted by いかれたBaby at 10:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 港区のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

『和麺屋長介  新橋』 長介つけめん (2006/08/23)

新橋界隈で働きはじめてから早いもんで3年ぐらい経つんだろうか。ラーメン屋事情もちょろちょろと変わってるわけだけど、今の新橋ナンバーワンの店つーとやっぱここになるのかなー。
そろそろ新メニューでも出さんと客が飽きだしそうだけど…まあ同じものでもやはりリピートしてしまう。
長介つけめんを注文。
060823_1226~02.jpg
ここの和ダシってかなり個性的だからか、微妙に毎回印象が違うんだよなー。たぶん自分の体調とかにもよるんだろうけど、今日のはコッテリさやや薄目。そのぶん塩気が強く感じた

ゴマとスープで和えて出してくる麺はかなりもちもち。てか、麺の量は少なく感じて若干不満。半ライスがセットだからなのか?
まあ実は麺で食うよりライス投入しておじやにした方がここのスープ好きだったりするー
汁:★★★★ 
麺:★★★ 
具:★★★☆ 

計:★★★☆ 
posted by いかれたBaby at 11:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 港区<新橋>のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

『辛さの極地 吾郎  学芸大学』辛しマーボ坦麺 (2006/08/30)

学芸大の駅から遠くはないけど妙な路地にあるためわかりづらし。線路沿い福徳から近めだけどもっと駒沢通り方面。
中本インスパイアと言われる店で、外見から赤いし店内もあの辛い臭いで充満。★のランクで辛さが説明されてるのとか、一番辛いメニューが「極地」て名前だったりしてかなり中本意識しまくりですかな。
辛しマーボ坦麺を注文。
20060830
注文ごとに中華鍋でマーボと野菜炒めもつくってくれているようである。おかげで熱々。体感辛さも倍増。
中本の野菜が煮込み的な食感なのに対して、こちらはまさに炒めのシャキッとした香ばしさのある野菜。これはこっちの方が俺の好みだなあ。味噌ラーメン的な感じですな。
ただやはり辛さの向こう側からジンワリとくるようなウマ味ってのがやっぱ少し弱いのかな。中本と比較しちゃかわいそうだろうけどねえ。でも充分に美味いよ、俺の場合は家から比較的近いから目黒中本行くよりこっちを選びそう。
あと中本のあの麺の美味さもここはしっかり真似できてる。麺が辛さの存在感に負けてないどっしりした美味さ持ってた。
油分がけっこう多くてコッテリしてるけど辛さ的にすごく素直で食べやすかった。汗はさすがに大量にかいたがのう。
汁:★★★★ 
麺:★★★★ 
具:★★★★ 

計:★★★★ 
posted by いかれたBaby at 19:42| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 目黒区のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

『蒙古家  虎ノ門』全部のせ (2006/07/20)

なんかもう食いたいと言う意志以外で、店のまったり感を求めてやって来てしまうようになった蒙古家。
夜に焼酎とジンギスカンをやりに来たいと思っていながらまたランチの訪問。
全部のせを注文。
060720_1221~01.jpg
トマトの酸味がこれほどタンタン麺と合うとは思いもせず、チーズのトロトロ風味がさらに合うとも予想できず、そこに黒ゴマや海苔やらがミックスアップして最強ハーモニーのタンタン麺が出来上がってかなり美味し。ここにサービスで貰える生卵を割って投入すればなお美味しなんだ。
しかしそろそろ食いすぎて飽きてきそうだから気をつけよう。
汁:★★★ 
麺:★★★ 
具:★★★★ 

計:★★★☆ 
posted by いかれたBaby at 23:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 港区のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

『晴れる屋  江ノ島』 晴れる屋ハード (2006/08/07)

ブログさぼりまくっちったーー!わーい
もう何でもめんどくさい年頃でして、まだ多少めんどくさいんですが再開していこうかなと思います。
ラーメン食ったら書くはずのブログが気まぐれ日記になっちまったなー
--

これ食ったのは夏真っ盛りの8月でして、ギンギンギラギラな太陽の日に鎌倉から江ノ島までチャリンコで行ってラーメン。
今さらのアップで申し訳ありません。
夏の暑苦しさでさっぱりしたもん食いてーとか言いつつこの店に。
なぜか晴れる屋ハードを注文しました。
060807_1510~02.jpg
見た目からも味から見ても、ほぼ家系と言っていいのかな。
バター的な感じのマったりコッテリスープは鶏系の濃厚さが強めかのう。家系として考えるとサラリとしてる。
俺のはハードで頼んだのでそのスープにニンニクがどっさりと入っていてまさにハードな風味に包まれまくり。ぬう
これ海だし精力つけましょうってことなんだろうけど、カップルで食いたくはないメニューだはなあ。強烈である
麺は家系としてはやや細目?なにか妙に違和感を感じた
具は可もなし付加もなし。ハードの注文だとどっさりとくるから気をつけて
汁:★★★ 
麺:★★★ 
具:★★☆ 

計:★★☆ 
posted by いかれたBaby at 12:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県の方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。