2006年02月20日

『ボニートボニート  武蔵小山』醤油ラーメン (2006/01/11)

武蔵小山の線路沿いを西小山の方にちょいと行ったとこにある。
ボニートとはスペイン語で「鰹」と言う意味だそうだ。店名の洋風ぽさとは逆に「鰹」をフィーチャーした和風なラーメンをメインにしている店である。
店内は変な形でカウンターのみ、素朴な家庭的つくり。夫婦で切り盛りしてるのかな、頑固親父臭のする人とおっとりした女将さん。
一つ一つの作業を凄く丁寧にこなしている、スープも小鍋など駆使、だから一杯のラーメンでも出てくるのにけっこう時間がかかる。すごく気持ちが伝わる仕事ぶりですな。
醤油らーめんを注文。
20060111
鰹の風味がこれでもかってあるのかと思ったけど、ふんわりとした風味に留めてあってかなり好感触。塩気も適度で甘味のある飲みやすいスープ、柔らかい味わい。
柚子を入れてもらったので鰹と柚子とで香り高さがホントに素晴らしい。味覚以外に嗅覚と視覚でも食欲を掻きたてられるラーメン。
麺はもちもちと弾力のある中太。さらにサッパリ感が増す麺かなあ。
具には、でっかく長ーい肉塊がのっかるのには圧巻!甘辛い旨味がぎっしり封じ込まれた柔らかい肉感がたまらんかった。これは美味い。
メンマも細長くコリコリしていい感じ。ワカメが若干妙な存在感で微妙かのう。
かなりのこだわりを持った店主のようですなあ。気難しそうで優しげな不思議な空気感のある店だ。
汁:★★★★ 
麺:★★★☆ 
具:★★★★ 

計:★★★★ 


posted by いかれたBaby at 10:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 品川区のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ボニート・ボニート@武蔵小山 で めし
Excerpt: 先日、hi-snowさんとアフロ健さんとの じらい屋ツアーに行けなかった。 そうそう、武蔵小山で思い出したけど、今月ムサコネタで上げてなかったのがあったんだ。 久々のボボへ。 このくらいの時間帯、..
Weblog: ラーメン通信 By Tkz
Tracked: 2006-03-01 02:04

味噌つけ麺+おじや ボニート・ボニート 武蔵小山
Excerpt: ボニート・ボニートで「味噌つけ麺」。最後につけ汁にご飯を入れると美味い!と聞いて、やってみました。ンま〜♪ ところで、名物「煮豚丼」が一時的に発売中止。煮豚ばっかり売れてしまい、ラーメンのぶんが足り..
Weblog: ワンコイン的食べ歩き生活。
Tracked: 2006-07-13 02:58
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。