2004年12月26日

『本家一康流 筑豊一代  池袋』白ラーメンからし高菜のせ (2004/11/19)

池袋ひかり町ラーメン名作座。ここ、もっとラーメン博物館とか麺喰王国的な設備の整ったとこかと思って行ったらなんてことはない、ただラーメン屋が固まって並んでるだけではないか・・・。まぁこっちの方が客は入りやすいだろうが、華がまるでない・・・
一番うまそうに見えた筑豊一代に侵入。呑屋のような雰囲気。
白ラーメンからし高菜のせを注文。
no-title
くせのないすっきりした豚骨スープ。飲みやすくてコクがあって、さらに白ゴマの風味が香ばしくてけっこううまい。割と薄味系、ガツンとした感じはぜんぜんなくサラリと食える。九州らーめんだけど鶏がらも入ってるみたいだから東京向けの味だねえ。
麺は豚骨と相性バッチリな博多系細ストレート。
具は万能ネギ・キクラゲ・肉とスタンダードな九州ラーメン。肉もうまいしなかなかだけど、替え玉・トッピングをしたくなるラーメンなのに値段が高のが残念なところなんだろう…まぁからし高菜とこのスープはベストマッチでうまかったです。
汁:★★★★ 
麺:★★★ 
具:★★★ 

計:★★★★ 


posted by いかれたBaby at 19:05| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 豊島区のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんちわ、池袋ひかり町に行かれたのですか。
単なる集合体に加えて店内装飾は全くこだわり無し、麺の量がどこも少ない。
全軒制覇する気も起きずに、途中でやめちゃいました。
Posted by ふらわ at 2004年12月27日 14:00
確かにそうですねえ、特別感がない
池袋だけに他にうまいラーメン屋たくさんありますしねえw
朝方までやってるってのが強みじゃないでしょうか、池袋のうまい店って閉まるの早いし
Posted by いかれたBaby at 2004年12月27日 20:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。