2006年12月18日

『和麺屋長介  新橋』 つけめん (2006/12/06)

質より安さとか早さとか量が重視されてるような気のする新橋のラーメン屋たちの中でほぼ唯一の質の高いラーメンが食える店。
いつの間にか食券機が導入されていたよ。そのながれでか、つけ麺にはサービスだった半ライスが有料化したみたい。ちい
ここの店主はあんまし気持ちよい接客ができないという例が多々あり。とりあえず空いたらすぐ食器はさげたがる。ガラガラで暇そうでもいろいろせかせかしてらっしゃるのがねえ…ちとどうか
つけ麺を注文。
061206_2126~0001.jpg
まったりまろやかな奥深い味わいのスープ、何のダシだか良くわからんけどジンワリと和風なウマ味が染み入りますなあ。
もちもちで弾力感にあふれる麺はスープとゴマで和えられて盛られてくるからするすると食れる。ただ量が若干物足りないかも
つけ汁の中にはゴロゴロとでっかい個性的なメンマとチャーシューが入ってる。メンマの美味さはかなりの満足度であります。
そういえば店主は東京にいられなくなったって噂があってから結構経ったけど弟子ぽい人を見かけることもないしこの先この店どうなるんじゃろ
汁:★★★★ 
麺:★★★☆ 
具:★★★☆ 

計:★★★★ 
posted by いかれたBaby at 19:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 港区<新橋>のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。