2007年01月11日

『AFURI  恵比寿』 つけそば (2006/11/11)

恵比寿駅から徒歩数分。渋谷橋ちょい折れて川沿いにある店。看板は白地に阿夫利と書かれているのみなので目立たないが、行列が出来ていたりで目立つ店。超有名な中村屋の兄弟店であるZUND-BARの2号店として出来た店である。
店内はZUND-BARの間接照明的なムードある感じとは違って、明るめの色調やオープンキッチンが印象的。やはりかなりお洒落なデザインである。
最近は行列も増えたりしてスタッフが増えたせいなのか、残念なことに丁寧な仕事ぶりでない者がいるよう。カウンター奥の麺茹で場あたりに座ると緊張感が感じられるものの、出入口付近に座ると皿洗い場が目の前だからかスタッフ通しの会話がかなり目立って聞こえてきて気になったなあ。まあそれでも他のラーメン屋よりは充分に高いクオリティなので問題ない。
つけそばを注文。
061111_1139~0001.jpg
AFURIはスープの完成度が素晴らしすぎるから、つけそばにするのは勿体ないかと思ったが敢えて初挑戦。
つけ汁はコッテリ度がゼロに近い清涼感満点のすっきりしまくった味わいの醤油味ですな。爽やかで甘い口当たりなのでいくらでもずるずる食べ続けられそうだ。
麺はラーメンのより太めかな、シコシコ感はあるけど基本的に噛み心地が弱い食感。麺の上に具材は並べられてくるからすごくビジュアルからそそられます。
伝家の宝刀である炙りチャーシューは流石の美味さ。香ばしい香りがじゅわじゅわと広がって美味すぎます。とろとろな味玉も素晴らしい。黄身がなんだか濃厚な味に感じたりもする。
とにかくナンバーワンを名乗れるようなラーメン屋であるわけで、感動するほどの素晴らしい完成度だと言える。でもなんだか物足りなさを覚えるのはちょっとパンチと量が足りなかったのかなあ。むう
汁:★★★☆ 
麺:★★★☆ 
具:★★★★ 

計:★★★☆ 

posted by いかれたBaby at 18:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 渋谷区のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。