2007年01月16日

『武田流古式カレーライスと支那そばの店インディアン  蒲田』 支那そばと半カレーライス (2006/11/23)

蒲田西口を東急線と平行しながら商店街をずんずんと歩いていくとやがてある。味のある商店街にとけこむような佇まい。
本店は蓮沼にある、長い店名を見ればわかる通りカレーとラーメンをこだわりまくって流派まで唱えてる名店である。本店に行ったら休んでたので蒲田店へきたの巻。
支那そばと半カレーライスを注文。
061123_1147~0001.jpg
透き通りまくりの黄金スープは塩気がほとんどなくて味わいにも透明感がありまくり。見ても飲んでも美しい。同じ透明度のあるスープでもがんこ系とは真逆のインパクト。
塩気がなくてもウマ味が凝縮されまくっていて魚介の香りが絶品、麺と具と一体感もいい感じ。まあこの優しすぎてまろやかな味わいは大味だらけの一般大衆にはどうなのかとも思うが。
しかーし優しすぎるこのスープ、遅れて運ばれてくるカレーを口にしてからまた飲むとビックリするほどに世界観が広がりまくり。ウマ味の感じ方がより一層深くなったよう。セットで食う醍醐味とはここにありだな。多分ラーメンだけだと優しすぎて美味くても満足度が足らなそう。
てか、とにかくこのカレー美味すぎるのだ。どこまでもディープで苦味すらある複雑な大人の味わい。この濃厚な味の塊は一体どうやってできてるんだか。
全ての仕事が深すぎます。少々割高だけどこの美味さなら納得できる値段でもある。うむ
汁:★★★★ 
麺:★★★☆ 
具:★★★★ 

計:★★★★★ 


posted by いかれたBaby at 19:45| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 大田区のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きのう東急で、カレーは凝縮するはずだった。
だけどきょうぽむぽむは、東急と注文したよ♪
だけど蒲田で東急の麺は平行ー!
Posted by BlogPetのぽむぽむ at 2007年01月18日 10:08
今年もよろしくお願いします。

そう、ここに来るとカレーとラーメンってやっぱり合うんだなあ、
と実感させられますです。
Posted by ぼぶ at 2007年01月18日 15:42
ぼぶさん>
どうも明けましておめでとう御座います。今年も宜しくお願い致します。

ですねー。いっそカレーラーメン開発してくれないですかねえ
Posted by いかれたBaby at 2007年01月23日 11:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。