2007年01月27日

『辛さの極地吾郎  学芸大学』 味噌らーめん (2007/01/21)

学芸大学駅前の北口の祐天寺側の路地裏にある。福徳を裏路地にまっすぐで着く。
あの蒙古タンメン中本のインスパイア系である。本家が激辛を北極と名付けてるのに対してこちらは極地。
辛くないメニューも味噌、塩、醤油、つけめんと色々あるから激辛駄目でも楽しめるのう。味はどうかは食べてみないとわからない
味噌らーめんを注文。
070121_2223~0002.jpg
モヤシキャベツ人参ニラ玉ネギ長ネギと沢山の野菜がふんだんでうれしい。
そんな野菜達が炒められたスープだからやはり甘みのあるホクっとした味わい。定番の北海道味噌ラーメンみたいなラードたっぷりと違ってこれは脂が全然少ないからアッサリに感じるなあ
味噌も懐かしいかんじのする癒し系な白味噌。とは言えアッサリしすぎてなくてしっかりとコクがある。
麺がかなーり美味かった。つるつるぷるんぷるんな歯触り食感がいい感じの縮れまくり太麺でかなりの存在感でありました。
この味噌を食ってみて判明、ここは辛くないメニューも美味い。しかも辛さがないと優しい味なのだ
汁:★★★☆ 
麺:★★★★☆ 
具:★★★ 

計:★★★☆ 
posted by いかれたBaby at 19:50| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 目黒区のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きょうぽむぽむが中本に醤油存在するはずだったみたい。
Posted by BlogPetのぽむぽむ at 2007年02月01日 10:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32231316

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。