2004年03月29日

『醤屋 馬込』白 (2003/11/22)

環七沿い、何にもない馬込駅から徒歩5分ほど。
売り切れ次第終了だしあまり行かない場所柄でもあるし訪問するのが困難。
しかしカップラーメンとして登場するなどかなりの人気。
白を注文。
醤屋
感想として、ラーメンて感じじゃなかったです。
限りなく上品だけどバカあっさりじゃなくてすごく食べやすかった。
太ストレートな麺がパスタみたいでこのコクがあるのにあっさりしたスープとの絡みは良くないが相性は良く総合的に洋食のように感じた。
柔らかいチャーシューもバラ肉でスープとよくあう、しかし肉としての存在感はなかった。
スープに隠し味的に入れられた焦がしネギが香ばしさ・苦味を与えて引き締めている。
さらに柚子がいい感じ、そのせいかすっきりと後味も良い。
汁:★★★★☆ 
麺:★★★ 
具:★★★★ 

計:★★★★★ 
posted by いかれたBaby at 18:43| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 大田区のラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
店主の態度は、最高に悪い。
私達は4人でその店に入ったが、暫く待つと2席空きそのすぐ横がもう空きそうだと言うのに、2名づつで来てる客を通した。その次の空いたせきもまた2名の客に通した店主は「他のお客さんもお待ちなんで」と言ってのけた。
私達4人は延々と待たされたが、そのうちに、「お客さんどうします、まだ大分時間かかるけど」
散々待たせてその台詞はどうなんだ。
態度、悪すぎ、私達は、4席ちょっと待っただけであいたじゃないかと文句をいってやったが、他にもお客が待ってるのでその台詞を言い続けた、本当に腹が立った!二度と行くかこんな店。
Posted by at 2004年08月18日 22:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。